女性ならではのコンプレックス│処女膜再生やあそこの臭いを徹底解消

骨盤底筋を鍛える

女性

女性は出産経験や加齢の影響を受けて、膣のゆるみを発症するリスクが高まります。女性器にある膣がゆるむことで、さほど大きな影響を受けることはないと思われるかもしれません。しかし、日常生活で頻繁に起こる嫌な症状に悩まされてしまうことが多くなるため、厄介なものです。
例えば、尿意が出ても我慢することができず漏れてしまうことやヒップラインが垂れ下がってしまうこと、セックスの際に締まりが悪くなることなどいろいろです。この影響をなくすためには、膣のゆるみを解消することにあります。

膣のゆるみが発生してしまう一番の原因に挙げられるのは、骨盤底筋と呼ばれる筋力の低下。骨盤をとりまく筋肉は、骨盤底筋をはじめ様々なものがあります。この筋肉が発達していることで、膣のしなやかな伸縮が実現する仕組みになっているわけです。ただ、ゆるみを解消して骨盤底筋の筋力を上昇させる方法はあり、簡単なものがケーゲルエクササイズやペルビックトレーナーです。骨盤底筋があるお腹の中腹あたりを意識するトレーニングを1日に無理なく続けることにより、膣のゆるみからくる様々な症状は改善します。

自分でも行なうことができる骨盤底筋の筋力アップですが、実は専門機関の治療を受けることで解消することも可能です。代表的なものは、膣内に行なうヒアルロン酸注射や鍼治療、さらにレーザー治療を行なうことも有効でしょう。これらは医学的根拠に基づき行なわれますし、専門医師やスタッフの元でケアしていくので即効性が高いのが魅力です。